日本女子大学附属中学校

カバー写真を変更
アップロード
峯岸 憲一
カバー写真を変更
東京ドーム6個分の広さがあります。開校以来「本物に触れる」教育を重視しており、校地内での植物観察をはじめ、理科実験は3年間で130回以上行います。また、ヴァイオリンが3年間必修で、9教科全てに力を入れております。各種講演会などが多く実施されており、学校教育に自治活動を取り入れた最初の学校という伝統は、今なお脈々と受け継がれています。
このユーザーアカウントのステータスは 承認済み です。

このユーザーはまだプロフィールに情報を追加していません。

日本女子大学附属中学校
中学校
女子校
中学受験, 帰国生入試
無宗教

川崎市多摩区西生田1-1-1

小田急線読売ランド前駅より徒歩10分京王線稲田堤駅よりバス城下より10分(JR南武線稲田堤駅から徒歩7分で城下バス停)京王線京王よみうりランド駅よりバス15分

あなたが幼かった頃、知らないことを知ったり、できないことができるようになったりする喜びを感じたことはありませんか。でも中学受験を目指す最近は「これを覚えなくちゃ、あれをやらなくちゃ」という気持ちの連続かもしれません。 本校は「知る喜び」や「できるようになる喜び」をたくさん経験し生徒一人一人が自分の「やってみたい!」を実現する学校です。自分の意見を自分の言葉で述べたり、文章にして壁に掲示したりして、発信する力を身につけていきます。また友人の意見の発信を受け止めていく中で、自分にはないものを発見し、認め、さらに成長していけるのです。 緑豊かな自然に囲まれた本校校舎内をぜひ歩いていただき、生徒の様子や自治活動・クラブ活動の成果をご覧ください。 あなたの「やってみたい!」を大きく膨らませて入学してきてくださることをお待ちしています。